BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 今年もハロウィンの季節になりました

今年もハロウィンの季節になりました

様々なイベントやお祝い事が、世界中で行われています。

その中には、古くから行われてきた伝統的な行事も沢山あり、日本にも浸透してきたものも多数あるのではないでしょうか。

近頃では、伝統的なイベントの代表格として、ハロウィンが挙げられると思います。

このハロウィンは、古代ケルト民族が1年の終わりである10月31日に行っていたサウィン祭を起源とするとされています。

1年の最後の日の夜に、先祖の霊がやってくるという言い伝えが基となっています。

先祖の霊にあわせて、悪霊もやってくるものと言われていたことから、その悪霊除けのために仮装して対抗する習わしが始まったようです。

それが転じて、現代のハロウィンへと派生していきます。

カボチャの置物として使われることの多いジャック・オー・ランタンは、まさに悪霊を追い払うためのものと言えますよね。

また、魔女やミイラなどのちょっと怖い雰囲気の仮装に関しても、ハロウィンの起源からきたものとして挙げられています。

ハロウィンという言葉が使われたのはかなり昔のこととして知られており、少なくとも300年前後は経過しています。

起源となるケルト民族の風習自体はもっと前から行われていたので、世界的には相当前から浸透していたと言えるのではないでしょうか。

ハロウィンの文化が特に浸透しているのは、ケルト民族の国として有名なアイルランドやイギリスなどの英語圏や、カナダ、アメリカ、ニュージーランドなどが代表的です。

毎年10月になると、こういった国々では大規模なイベントや行事として、ハロウィンのお祝いをすることが習慣的なものとなっています。

古くからハロウィンに家族や友人と集まって、パーティーをするのが、現代の代表的なお祝いのスタイルです。

起源となった習わしとは異なっていますが、家族などの繋がりある人同士が集まるという部分では、共通していると言えそうです。

日本国内においても、ハロウィンの文化は急速に浸透し始めています。

どちらかというと日本では仮装をして楽しむことがハロウィンのイメージとして定着していますね。

かつては魔女やお化けなどの仮装が主流で、ハロウィンのイメージがかなり強いものでしたが、近年は幅広いタイプの仮装が楽しまれています。

その時々のトレンドや人気のものをあしらった仮装をすることも、ハロウィンではよくある光景として挙げられています。

元々のハロウィンの文化や起源を大事にしつつも、日本では誰でも楽しめるイベントのひとつとして、変化を遂げてきました。

小さな子供から大人まで、気軽に参加できるのがメリットであることから、秋のイベントとして定着しているようです。

ハロウィンのシーズンに合わせて、企業やお店などでもそれに関連したイベントや商品を展開することも本格的になりつつあります。

10月になるとハロウィンだという認識も徐々に浸透し、クリスマスなどと同様の大きなイベントに台頭しています。

ハロウィンに関するイベントに参加したり、ハロウィンそのものを楽しんだりすることで、気持ちを前向きにすることや、リフレッシュもできそうです。

誰かと一緒にハロウィンを楽しむ機会が増えるので、こういった気持ちが前向きになれるきっかけにもなるでしょう。

普段仕事などで時間がなく、忙しい人もハロウィンにちょっとでも触れることで、気持ちをリセットできるのではないでしょうか。

これといって決まったスタイルで楽しまなければならない決まりもなく、人それぞれハロウィンを楽しめるのも魅力的です。

古代の習わしが起源であることに思いを馳せつつ、秋のシーズンに楽しめるイベントのひとつとして、ハロウィンに触れてみるのがオススメされますね。

関連記事

月を選択