BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. この季節ですが、日光浴は大事です

この季節ですが、日光浴は大事です

日光浴をできるだけ習慣化させることが、健康的に過ごす手助けになるのではないかと考えられています。

日の光を浴びることで、体温が緩やかにアップし、活動的な状態を作り出すことが可能です。

特に朝の時間帯は起きて間もないと、体温が十分に上がりきらない状態なので眠気も残ることが多いですね。

日光を浴びることによって、シャキッとしてくるという人は多いと思いますが、体温の上昇が起こるためとされています。

天気の良い日は特に、日光浴の時間をちょっとでも良いので作ることが、朝からアクティブに活動できるきっかけとなりそうですね。

曇りがちな時や雨が降っている時は日光浴は完全な形で実現させることは難しいかもしれません。

ですが、外の空気を吸うことで、気分がリフレッシュして、体温の上昇も実現しやすくなるのでメリットがある程度は期待できます。

また、日光浴を行うことのメリットとしては、気分の安定を維持できるということも挙げられています。

日光が体にあたることで、脳でセロトニンの分泌を促進させる神経の働きが活発になります。

セロトニンの分泌量が多くなると、人は気持ちが安定委したり、落ち着いたりすることが多いとされます。

気持ちがフラットになることや、ストレスが緩和されことなどにも役立つホルモンであることも知られていますね。

幸せホルモンと称されることもあるほど、このセロトニンの存在は大きく、日光浴で分泌量を増やすことがオススメされています。

長時間日光浴をしなくても、短時間で脳内でのセロトニン分泌が実現されていきます。

通勤や通学のときに太陽にあたってポカポカとした感覚を得るだけでも、十分であると言えそうですね。

このセロトニンは、脳内の働きだけではなく、全身の活動にも良い影響をもたらします。

軽くでも良いのでウォーキングを日光浴をしながら行うことで、体の働きも活性化され、パフォーマンスを下げにくくすることが見込まれます。

こうした作用は、外の気温に関係なく期待できるというのも特徴のひとつです。

日差しが柔らかい、寒い時期であっても、日光浴をすることでセロトニンの分泌はしっかりと実現できるとされています。

そのような特徴も抑えておくと、日光浴のメリットや良いい部分を取り入れることにも繋がるかと思います。

日光浴をするときには、太陽の光を浴びつつ紫外線も浴びることが一般的です。

夏の強烈な紫外線は肌に良くないというイメージも抱かれがちですが、ある程度の紫外線を浴びることは、人にとっては必要なことです。

紫外線は、皮膚が浴びることでビタミンDの生成を促進します。

食べ物からの摂取も可能ですが、皮膚で生成することもとても重要な働きです。

このビタミンDは生成されると、小腸におけるカルシウムの吸収をサポートする働きが生まれます。

カルシウムは全身の骨を丈夫にするためには欠かせない栄養素ですが、吸収度合いが高まれば、骨のメンテナンスもしっかりと果たされます。

日光浴の習慣がある人は、骨折のリスクが高くなりにくい傾向にあるとも考えられていますが、こうした作用が大きいと言えるでしょう。

体に対するメリットも、日光浴を実践することには存在するので、どんどん実践してみることがオススメです。

日の光を浴びることで、気持ちが前向きになる人はきっと多いと思います。

これは気のせいではなく、実際に脳内でのセロトニン分泌によって起こる現象のひとつです。

気持ちが沈みがちだと感じるときには、積極的に日光浴をしながら生活してみることも、ひとつの気分転換のきっかけとなるでしょう。

気分が前向きになれば、それだけアクティブに活動することにも繋がりやすく、積極的な日光浴がベストであると思います。