BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 初詣で一年の運勢を占う

初詣で一年の運勢を占う

初詣に行くことは、毎年の習慣になっている人も多いのではないでしょうか。

古くから1年の始めに神社にお参りに行き、無事に年末まで過ごすことのできるようにと願うことが習わしとして定着しています。

元日に初詣に行く人が、現在では多く見受けられており、全国の多くの神社で初詣客が大勢集まることもよくある光景として取り上げられていますね。

特に初詣に行く日の指定はなく、三が日のうちに参拝する人や、1月上旬中に行く人も見受けられ、厳格な決まりのないことが特徴のひとつです。

初詣に行く回数も、必ず1度だけでなければならないということはありません。

そのため、参拝したい神社が複数ある場合はそれぞれ訪れることも可能です。

初詣では、1年間の無病息災や学業成就、商売繫盛などそれぞれの願いを込めた参拝がメインとなります。

また、昨年1年間の無事を報告する機会としても、初詣が捉えられています。

神社を参拝することで、気持ちを新たにしてまた1年間頑張ろうと決意を新たにする人も多いのではないでしょうか。

初詣では、参拝と共に絵馬を神社に奉納することも代表的なものとして挙げられています。

今年の目標や願いを絵馬にしたためて奉納し、成就するようにという意味が込められています。

この絵馬も人によって書く内容は様々で、飾られる絵馬を見るだけでも正月の華やかな気分になります。

実際に絵馬に記したことが実現し、自分にとって良い年になった人もしばしば見受けられるので、神社での参拝時に毎年奉納する人もいるようです。

小さい子供も絵馬を書いて奉納することがあり、可愛らしい文字や絵で見る人を癒す光景も見受けられます。

おみくじをひくのも、初詣ならではと言えますね。

ひいたくじの結果は大吉から大凶まであるため、どんな結果になるのかドキドキするのも醍醐味でしょう。

もちろん良い結果が出れば1年のスタートを上々に切ることができたと感じるかと思います。

ただ、凶や大凶などの良くない結果が出た場合も、そこから運気が上昇するという意味合いがあるので前向きに捉えたいですね。

仕事や恋愛、金運などいくつかの項目ごとに結果が記されており、その結果を見ることで楽しむのもおみくじの良さです。

結果の分類に関しては、神社によって多少異なり、細かく分かれているおみくじもあるようです。

結果の良し悪しに関係なく、初詣に行った思い出としておみくじの結果を楽しむことが良いのかもしれませんね。

お守りを初詣で手にする人も、度々見受けられています。

願いを成就させることや、お守りを手にした人を守ってくれる意味合いがあるので、初詣で手にする人が多いようです。

初詣で得たお守りは、できるだけ肌身離さず持ちながら過ごすと習わしもあり、外出するときに持ち歩くことも一般的です。

参拝する神社によって、お守りの意味合いも変わってくるものと考えられています。

自分がどのような祈願をしたいのかに合わせて、お守りを得る神社を決定するのもひとつの方法と言えるでしょう。

昔からこのような形式で、1年の始めに初詣に出掛けることが習慣的なシーンとして挙げられています。

節目のひとつでもあり、年に一度のイベントとしても、初詣が随所で定着しているようです。

これからの1年間の安全や願いの成就を目的に、初詣を行う習慣は、維持されていくのではないでしょうか。

何かに迷っていたり、踏ん切りを付けたいと思ったりする人を後押しするきっかけとしても、初詣の意義は大きなものとなりそうです。

人によって願いや思いは違いますが、神社への初詣によって実現させるための気持ちを作ることもできそうですね。

明るく楽しい1年にするために、初詣に出掛けてみるのもありかもしれません。

関連記事