BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. お正月が明けたら次は成人の日ですね

お正月が明けたら次は成人の日ですね

1月は成人の日の祝日があり、成人を迎えた20歳の人たちをお祝いすることが習慣となっています。

成人の日の前後には、成人式が行われたり、成人を迎えたことを祝福したりすることも、毎年の恒例の行事として定着しています。

このような成人を祝福する行事に関しては、全国で行われることも恒例となっていますが、地域によって開催される時期は大きく異なります。

1月のシーズンに開かれることが最もポピュラーではあるもの、地方などでは帰省してくる新成人の集まりやすい時期に成人式などが執り行われることもあります。

そのため、夏の帰省シーズンなどにも成人を祝福する催しが開かれ、毎年多くの人が新たな門出を迎えています。

成人式やその後の同窓会では、久し振りに同級生で集まることも定番のひとつとなっています。

別の場所で生活をしていたり、仕事や学業などでそれぞれ環境が異なっているため、各自の近況で盛り上がることが多いですね。

このタイミングでの再会から、再び仲の良かった人との繋がりが生まれることも、成人式シーズンの特徴として挙げられるかもしれません。

小さな頃はよく遊んでいても、環境の変化などで疎遠になることも現代では珍しいことではありません。

なので、こういった機会を大事にすることで、その後の生活も楽しくなることがあると言えるでしょう。

成人という節目を迎えると、飲酒や喫煙ができるなど、大きな変化を経験するというのも大事なポイントのひとつです。

それまでできなかったことが可能となるというのは、成人を迎える20歳のタイミングが一番大きなインパクトであると思います。

もちろんこのような決まりごとは、飲酒、喫煙などを強制するものではないですが、より楽しめることが増える認識であると言えますね。

こうした部分でも、子供から大人への仲間入りを果たしたと実感するきっかけになることが多いのではないでしょうか。

既に大人になった人たちも、20歳になるタイミングではこのような部分が変わったのが大きな違いと感じることが多いです。

周りの大人と同じようにできると、何となく感じ始めたのも成人を迎えたタイミングが多いとされています。

また、気持ちの面で大人になりつつあることを改めて実感する契機にも、このシーズンはなりやすいようです。

大人に助けてもらいながら過ごしてきたのを、これを機に改めようと感じ始める新成人が多い傾向にあります。

成人になる前からそのような自覚が芽生え始める人も散見されていますが、これがきっかけとなる場合も多いのではないでしょうか。

ちょっとしたことからでも、自分でやり進めようと思うことや、それまで助けてもらっていたのを改めようと感じするなど、感じ方は様々です。

気持ちの成長が進むことによって、考え方やものの見え方も変化することが一般的です。

何気なく過ごしてきた生活も、大人に近付きたいと自覚すると、全く違った景色になるのも、経験する人が多いのかもしれません。

こうした気持ちの変化を経験することによって、本当の意味で大人に近付き、考え方が成熟することもあると言えます。

人によって、こうした気持ちや自覚が生まれるタイミングは違ってくるものの、成人になるというのは大きなポイントになりますね。

それと同時に、周囲の人たちへの感謝の気持ちが強まることや、ものの捉え方が変わることなども起こりやすくなります。

1月の成人式のシーズンは、20歳になる人たちをお祝いする機会として、今ではすっかり定着しています。

それにプラスして、大人としての自覚を持ったり、気持ちの変化を実感したりするきっかけにもなりそうです。

新たな価値観や気持ちを抱くきっかけとしても、この成人式の時期は大切になるのではないでしょうか。