BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 新年度は環境の変化も多くなりますね

新年度は環境の変化も多くなりますね

新年度に移行していくにあたっては、環境の変化が起こる場合が非常に多いのではないでしょうか。
新しい環境に移ったり、自分の周りが大きく環境変化が起こったりと、様々な形式で新しい状況に変わっていくことが一般的ですね。

特に3月から4月にかけては、人の移動や動きが特に活発なものとなることから、自分自身にとっても大きな違いを実感する機会が増えるものと言えるでしょう。

子供や学生たちにとっては、卒業や進学、そして次の学年への進級などで環境変化を経験します。
こうした環境の変化や移り変わりではクラスが変わったり、新しい学校に進んだりと、子供にとっては大きな変化と言えますね。

環境の変化を体験することで、新たな人間関係を構築することや、学校生活に慣れることなど、大人になっても大切なことを経験します。

全く人間関係が新しい状態になることや、今まで関わってきた友達や同級生との関わりを保って新年度に移るなど、環境変化の在り方も多様です。

生徒によって、新しい環境になじむまでの期間にも幅があるというのが一般的な認識です。
そのため、先生や保護者などもうまく子供たちのケアをしつつ、新年度の活動が展開されていきます。

社会人にとっては、毎年人の動きを経験することが多いのではないでしょうか。
新社会人になるときには、それまでの学生生活とは全く異なった環境に変化し、一番こうした変化を実感することが多いですね。

大きく異なる生活習慣や人との関係性、振る舞い方などが新鮮に感じられると共に、慣れるまで心身共に疲れを感じやすくなることもあります。
徐々に新しい社会人生活に慣れ始めると、うまく仕事を進めることもできるようになります。

しかし、それまでの慣れが大変に感じられることも多く、様々な方法で順応する動きが見受けられています。
既に社会人となった人も、年度末に大きな環境の変化を時折感じます。

会社内で役割が変わったり、部署が異動になると、新年度からの仕事の在り方も変化していきます。

役割が変わることによって、どのような立ち位置になるのかも変わり、少しずつ適応していくことが必要になるでしょう。
また、転職や独立などで、在籍する場所そのものが変わる場合も、社会人の環境変化の一例として取り上げられています。

新年度になるのに合わせて、別の職場に移ることも最近では一般的な動きのひとつとして挙げられています。
そのため、このような形式での環境の変化も、経験する人が散見されているのではないかと思います。

同じ会社や組織の中での環境の変容に比べると、大きな変化になることがほとんどです。
人間関係がまっさらな状態になることから、始めの時期は新たな仕事を覚えるのと同時に模索するのが多いものとされています。

少しずつ環境になじむことで、仕事にも良い影響がもたらされるでしょう。
新しい年度を迎えるにあたっては、大なり小なり環境の変化を経験する人が、高い割合で存在するのではないかと考えられています。

環境の変化に対しては、なじむまでにかかる時間は個人差のあるものとなっていることから、無理することなく環境の変化に対応することが重要ですね。

短期間で新しい環境に無理に溶け込もうとすると、心身のバランスが崩れてしまいがちです。

それが発端となって、十分に活動ができなくなってしまうと、その後の生活にも心配事が増えてしまうかもしれません。
体調などへの変化が出ないように、特に新年度はあまり無理することなく生活することが大切です。

張り切り過ぎず、少しずつ環境の変化を受け入れられるようにすることで、スムーズに仕事などを進めることに繋がるでしょう。

子供でも大人でも、このような認識を持てるようになると、切り替えも円滑に図られるのではないでしょうか。